エアブラシを終えて、仕上げです。
下書きした眉毛、下睫を上からなぞっていきます。

1:下準備
2:エアブラシ
3:仕上げ


5:筆入れ

筆入れをしました。
下睫、眉毛、瞼、唇の皺、アイラインなどエアブラシを吹いた上からくっきりした線で足していきます。


拡大するとこんなかんじです。


唇も。


蓮花丸もこんな感じに。
幼SDヘッドは小さくてメイクしにくいんですが、蓮花丸、鈴菜は特にアイホールの下部分にメリハリが無いので睫が描きにくくて個人的に大変・・・。 ここまで終わったらコーティングします。私の場合最後はフィニッシングパウダー使いますが、湿気が多いと白くなって最後に台無し・・・なんてことにもなるので注意。
無ければつや消しで十分です。(無いときは私もつや消し使います)


6:睫つけ

写真撮り忘れてしまいましたが、睫の前にクリアで艶出ししています。
瞼、アイホールの下部分、唇の3箇所。唇はぷるぷるにしたかったので2度塗りしています。
あっさりマットにしたければ一度だけ。
睫つけには爪楊枝が大活躍。
人によってはピンセットを使うようですが、私は使ってません。睫の方に木工用ボンドを塗ってからアイホールに入れて固定、爪楊枝の細い方で調節しています。


睫がつきました。
蓮花丸のほうは100均の人間用のもの、ヒューイにはドール用のライトブラウンをつかっています。
人間用のほうがぱっちりして、つくりもしっかりしているのでメイクではがしたときもうまくいけばもう一回くらいつかえます・・・みみっちいですが。
ドール用のほうは繊細で目元がうるうるした感じになるので、使い分けてます。
あとはドール用+人間用にしたり。


ドール用まつげ。
目尻の部分に余った睫を重ねて張っています。


こっちは人間用。
ぱっちりです。


アイを入れてみました。
前回までがキリッとしたメイクだったので、ちょっとぽやんとしたイメージでメイク。


蓮花丸もできました。
こちらは前回と同じく小生意気そうな感じでリメイク。


以上、我流暫定ですがメイク手順でした。
パステルの場合は、同じ手順でエアブラシがパステルになるだけです。
そのうちパステルのメイクも載せられたらいいなとおもいつつ、少しでもお役に立てれば嬉しいです。
ここまで見ていただき有難うございました。

1:下準備
2:エアブラシ
3:仕上げ

PhotoTOPに戻る